ラボワット ロゴ

湘南の注文住宅 ラボワット建空間

HOME | 技術のこだわり | 省エネ性能

省エネ性能へのこだわり

省エネ・ゼロエネを目指す家づくり

近年、地球環境問題に加えて、原子力発電の稼働停止による問題において、家を建てる方にとっても節電や省エネの意識が高まっています。
これらをきちんと考えて作られる家を「ゼロエネ住宅」や「スマートハウス」と呼ばれ始めていて、最近になって大手ハウスメーカーがCM等で大々的にPRしています。
しかし、その定義はあいまいで、ただ太陽光発電をつけた家をスマートハウスと呼ぶ会社も存在します。
このような背景の中、国土交通省は新築住宅の新しい基準を作り、2020年以降は省エネ義務化を決定しました。

私たちラボワットが考える省エネ・ゼロエネ住宅のコンセプトは明確です。
家自体の性能を向上し、しっかりと省エネの仕組みを考えて、できるだけ消費エネルギーを削減した上で、快適に暮らしていける家をつくること。
その次にゼロエネ住宅であれば、削減しきれなかった一次エネルギー消費量に見合う創エネ設備を設置すること。
それは、ずっと前から高気密高断熱にこだわり、家そのものの品質と基本性能にこだわってきた、ラボワット建空間だからこそ実現できる家づくりだと思っています。

ラボワットが考える省エネ・ゼロエネ住宅

1.エネルギーをできるだけ使わなくてもすむように、高い断熱と気密性能を持つ家をご提案するということ。
2.自然の光や風を考慮し、敷地状況に合わせたプランニングを考えること
3.家に設置する照明や冷暖房・給湯機器などをできるだけエネルギー効率の高いものをご提案するということ
4.HEMS等を使ってエネルギー消費を見えるようにすること
5.1~4を踏まえたうえで、ご希望によって太陽光発電などの創エネシステムをご提案すること

あくまでも1~4の基本的な性能やプランニングをしっかりと検討した上で、5の創エネを考えるということが重要です。後からは変えられない部分に、高い性能と効果を持つように計画していくことがとても重要だと考えています。
そして、我慢して暮らすのではなく、家族みんなが快適に楽しく暮らす家ということが何より最も大事なことだと思うのです。

ゼロエネのコンセプトで建てられた葉山モデルハウス

2012年8月にオープンした葉山モデルハウスは、このゼロエネ住宅のコンセプトを中心に建てられた建物です。
高気密高断熱であることはもちろん、全館空調を床下で行うCCFシステムが省エネで快適な暮らしを実現します。また、屋根には太陽光発電を設置して、エネルギーを造りだす機能も持っています。

お問い合わせ&資料請求はこちら

ラボワット建空間の家づくりにご興味いただいた方は、お気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックや作品集など、あなたの家づくりに参考になる資料をお送りします。また、イベントへのご参加や具体的に来社してご相談をご希望される方も、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。